ファッションカラーと白髪染めの違い☆

今回はファッションカラー(黒髪用)と白髪染めの違いです。

一般的に白髪染めはブリーチ力(髪を明るくする力)が低く、染毛力(色を入れる力)が高いです。

最近はブリーチ力が高い白髪染めも出てきてますが、染毛力は低めですね。

低くないのかもしれませんが色の入りは弱いです。(経験上)

逆にファッションカラーはブリーチ力が高く、染毛力が低いものと

ブリーチ力が低く、染毛力が高いもの両方が存在します。

これは黒髪を明るくするものと、カラーしている明るい毛先の髪に対応出来るようになっているからです。

ファッションカラーでは白髪は染まらず、あくまで黒髪かカラーしてる毛先のみ染まります。

白髪の人は黒髪と混ざって生えているので、両方に均等に作用しなくてはならない為、白髪を自然なブラウンもしくは黒髪に染める必要があります。

経験ある方もいるかと思いますが、ファッションカラーではこのブラウンの色素が薄いので白髪だけ染まらず浮いてしまうことが多いのです。

このような事から白髪染めは明るく出来ないと諦めそうになりますが、諦めるのはまだ早いです!

+ONEでは日々の研究から明るくても白髪が染まるカラーを実現しました。

普通のおしゃれ染めでも白髪が目立たない配合がありますので、お悩みの方はぜひ1度お試し頂きたいです。

ある程度の明るさであれば全く問題なく染まりますのでご相談下さい。

長くなりましたが今日はファッションカラーと白髪染めの違いから、ファッションカラーと白髪染めの融合に関してのお話でした。

自由が丘の美容院・美容室プラスワンブログ